今日中に玄孫娘を孕ますためグッタリしても構わず夕方まで犯し続ける

朝からご近所の目もはばからず外で犯される玄孫娘。
久しぶりのお外と運動なのに夕方まで犯され続け、
身体はグッタリとして動けない。
しかし父親であり曽祖父の男は、
そのか細い腰をおもちゃの様に持ち上げ、
内蔵がひしゃげるのではと思うほどに腰を叩きつけ続ける。
マンコは子宮に入り切らない精子で泡立ちあふれる。
数カ月ぶりの久しぶりのセックスで、
玄孫娘は確実に孕まされただろう。
そして、再び飼育小屋に閉じ込められる。
次は出産までに外に出られるだろうか?
叶うならば屋外レイプでも良いから、
子供を産む前に一度外に出たいと少女は思うのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です