久しぶりに飼育小屋から出された玄孫娘は自宅の庭で父との二人目受精

両親が事故で亡くなった直後、
男が自分の妹を犯し娘を産ませてから数十年が過ぎていた。
生理を迎えたばかりの小学生妹と二人きりになった男は、
気づけば毎日家の中で妹を犯し続けた。
まだ小学4年生になったばかりの妹は、
学校にも行けないまま母親になった。
生まれた娘は初潮を迎える前から犯され調教され、
初潮を知る事もないままに孕まされ子供を産まさせられた。
娘が初出産するまでの間の8年間も、
妹は娘を産まされ続けた。
両親がそれなりに金持ちだったので部屋は多く広かったが、
それでも毎年妹は娘を産まされ、
妹との間の子も娘を産まされ、
更にその娘の子供も孕まされ産まされ続け部屋はすぐに足りなくなった。
仕方なく男は数十人に増えた娘達を、
とても狭い飼育小屋に閉じ込め飼うようになった。
今日玄関で犯し孕ませたのは、
確か玄孫にあたる自分の娘のはずだ。
あと数年も立てばこの娘が産んだ娘も孕ませる事が可能だろう。
また、飼育小屋を作らなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です