公園の広場で全裸にされ父親に尻に敷かれながらアナルでイカされる娘

娘「いやぁ…みないでぇ…」
衆人「ヒソヒソ…ニヤニヤ…シコシコ…ウッ!!!…フゥ」
父「いいからケツの穴に集中しなさ…いっ!!!」
父親はアナルバイブを勢いよく娘の尻に突き刺す。
こなれた菊穴は少し引っかかりながらも、
一気にアナルバイブを飲み込む。
娘「んくぁっ!!!あっ!あ!あぁ…」
娘は一瞬眉間にシワを寄せるも、
すぐに上目遣いになり恍惚とした赤ら顔を見せる。
父「さあ、お客さんにお前の喜んでる姿を見せてやれ!」
そう娘に告げると父親は勢いよくアナルバイブを出し入れする。
その勢いは普通の女性であれば痛みで声を上げているが、
娘はアッサリと受け入れ口を大きく開け、
犬の様に舌を少し出しながら興奮と快感の呼吸を繰り返す。
衆人「マジヤベェッテ…スゴスギィ…ハアハア…ウッ!!!…フゥ」
数分のアナルバイブの前後運動を続けると娘の身体が震えだす。
そして突如父親の身体を浮かしかねない程に身体を引きつらせ、
ビクビクと身体を快感で震わせる。
父「もうイッたのか。流石は変態の娘の血を引いた孫といった所だ。
娘を孕ませてお前を産ませたかいがあるというものだ。
さあ、お母さんはここで20回まで意識を保ってイキまくったぞ。
お前はお母さんを超えられるか?
イクぞっ!!!」
最初の絶頂で呆然とする娘(孫)の事などお構いなしに、
父親は乱暴にアナルバイブを激しく前後する。
果たして娘は何回まで意識を保ってイキ続けるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です