昼間の公園内で拘束アナルでイク事を宣言させられながら絶頂する娘

娘「みなさんみてくださぁいっ!!!
わたしわぁ!しばられたままぁ!じつのおとおさんのおちんちんでぇ!
うんちのでるあなぇ!いっちゃいまあああすうううぅ!!!
へんたいむすめのぉ!ちたいをみてえええぇぇぇ!!!」
地方都市の大きな公園の真ん中で、
リストラされたサラリーマンと老人達、
子供を連れた若い奥様方、
まだマトモに学校に通う学生達の注目を浴びる。
ガングロにさせられ拘束された高学年女子小学生が、
父親の全力ピストンをアナルに叩き込まれながら叫ぶ。
時は新時代。
公衆面前でのセックス痴態行為を政府は認め、
それらの屋外性行為をネット上で配信し収入を得る、
近親相姦親子が増えていった。
彼らはその中の一組であった。
娘「いく!イクッ!!イッグウウウウウゥゥぅ!!!」
娘は拘束され身動きが取れない状態ながら、
ビクビクと身体を痙攣させ父のペニスでアナルを犯され絶頂する。
娘「ハァハァ… わたしたちのぉ… ほかのへんたいこういをみたいかたわぁ…
ぱぱのあかちゃんはらみますどっとこむをぉ… けんさくしてねぇ…」
周りのサラリーマン達から動画や写真を撮られ、
老人達からは後ろ指をさされ軽蔑され、
若奥様達は子供の目を隠したり気絶をし、
女子中学生達はベンチで腰を下ろし隠し見ながら股間を弄り、
そんな混沌とした中で娘はイキながらも自分達のサイトの宣伝をする。
これはそんな素晴らしき世界の日常の一部。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です