父と娘のガチ孕ませ近親相姦セックスという微笑ましい通勤通学の様子

娘「あっ!あっ!!んくぅっ…!!!
お!とうっさぁんっ!!だれかぁ!きちゃうよぉ!!!」
娘の懇願などお構いなしに父親は愛情セックスを続ける。
娘「んっ!!!くぅっ!!!いっ!イクウウウウウ!!!!!」
幼い頃から父親とセックスでコミュニケーションを取り続けている娘は、
羞恥による拒絶とは裏腹に身体は勝手に父の愛情ペニスで喜び続ける。
父も長年のセックスの賜物で娘と同時に射精絶頂する。
と、ホームに電車が入ると人影が見えたので、
即座に父は娘からペニスを抜きズボンにしまう。
娘はスカートを少し下げ戻しそのままへたり込む様に椅子に座る。
勿論下着は履かせない。
中出しした子宮内に入り切らない精子は娘の中から漏れ出し、
歩いている途中や階段でよくボタボタと垂れるが、
娘には隠さない様に躾けている。
学校では実は下着を履いているのでは?と思われるが、
通信簿で担任から「下着を隠される等のいじめの可能性があります」と、
学校からの確認報告も頂いているのでノーパンは守っている様だ。
と、先程電車内に入ってきた人影は娘の友人であった。
お父さんといつも一緒で仲が良いね、
などと言われ笑顔を見せつつそんな事無いよ、という娘だが、
(強制的に)仲が良すぎて娘は父の子を何人も産んでいる。
とりあえず今日も中出しした精子を漏らしながら娘は学校に向かう。
そして、恐らくまた何回目かの妊娠を迎える頃だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です