妊娠が確定したため父がセックスしまくるのでイキ疲れの娘

先日、娘に妊娠検査薬を使った所妊娠が確定。
電車内でしかセックスしていなかったので、
娘は確実に電車内で受精した事になる。
これで娘を特定の場所で受精させる父の趣味に電車内が加わった。
実際は学校内の授業中に受精した可能性が高いが、
電車内のセックスのみで妊娠したのでそれはまあよし。
そして、娘の心に自分は電車内セックスだけで孕み、
電車内セックスで出来た子を産んでしまった、
という記憶を焼き付ける事が出来た。
とりあえず妊娠が確定したので、
父親は朝から晩まで娘と居る時はセックスしまくった。
なので娘は朝からイキ過ぎて疲れて動けない事がままあった。
しかし、父親はお構いなしに娘肉オナホ(受精済)を、
激しく上下させ娘の子宮に精子を出しまくる。
娘は身体は動かないものの、
イク瞬間だけ身体を痙攣させ絶頂を味わう。
そんなセックスイキ地獄の数カ月後、
娘は学校のトイレの中で赤ちゃんを産んだ。
そういえば、と娘は思い出す。
娘が最初に父親に孕まされて産んだ場所は自宅のトイレだった。
物心ついた頃から父親との遊びはセックスや快感調教だった。
ある日父親は年齢が一桁のうちに娘を孕ませたい、
と言いトイレに監禁し排卵薬等を打ち、
8歳で受精させ9歳になったばかりで出産させた。
出産時は暴れないようにとトイレに拘束させられたまま無理矢理自然分娩させられ、
苦痛で泡を吹きながら意識を何度も無くしたり戻したりを繰り返し、
10時間で何とか赤ん坊を産んだ。
9歳の時は公園セックスのみで受精させられ、
10歳の時に破水直後に夜中の公園の砂場に置かれ、
父親は手伝いもせずにカメラを回して娘ののたうつ様を撮り続けた。
ウミガメの様に泣きながら、
野犬の様に吠えながら、
砂の上に赤ん坊を娘は産んだ。
10歳の時は小学校の教室だけでセックス&受精させられ、
11歳の時に友達の家の前で出産させられた。
偶然(を装い)、娘の友達が玄関を開けたところで赤ちゃんを産み、
それを見た友達は声も出せずに泣き出したまま動けなくなっていた。
11歳の時は自宅の庭で、
ご近所の皆さんに見てもらいながらのセックスのみで受精させられ、
12歳の卒業式の最中に出産させられた。
何回目かの出産なのである程度耐えたり出来る様になった娘に、
卒業証書の授与で壇上に上がった時に出産する様に命令した。
長めのフォーマルドレスのため傍からは分かりにくかったかもしれないが、
最前列の子供達には恐らく膝を落として四つん這いになった娘の股間から、
赤ん坊が産み出される瞬間が見えただろう。
そして中学校に入ってからは毎日の通学中の電車内での受精セックス後、
授業中に破水した娘はトイレに駆け込み大便器内にうんこの様に、
赤ん坊を産み落とした。
これで5人目を馬された娘。
産まされた娘達は自分と同様に父親とのセックス調教を楽しんでいる。
いずれ理解すれば辛くなるとは分かっていても、
きっとこの子も理解した時には離れられなくなる。
ちなみに、父親の孫達にあたる娘の娘達の面倒を見ているのは、
父親の妻である。
娘が地獄の様な出産で産んだ孫娘達と知っているが、
何故か自分の子の様に接し育て世話をしている。
娘は母親の過去を知らないが、
恐らく自分と同じ様に育てられたお父さんの性奴隷なのだ、
と自分自身を持ってして実感している。
そして、産んだ娘達が孕めるようになったなら、
娘も母親の様に相手にされなくなり、
孫娘達を育てる様になるのだろう事を実感していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です