大好きなお父さんと濃厚なキスをしたまま絶頂受精セックスする実の娘

娘「おと ジュル さん ヌチュベヂュズル すき アムジュル しゅきぃ」
お父さんの唇と口腔と唾液を貪りながら、
股間は父親のペニスを咥え込み器用に擦り上げながら、
自らの膣壁に重ね合わせ快感を得続ける実の娘。
娘「ンンン!!!! ヌヂュジュル おどざん!! ジュズルゥ イグウウウウ!!!!」
娘は腰を引くつかせ絶頂を迎えつつ、
腰をペニスから決して離さないまま、
父親の遺伝子が詰まった精子を子宮で受け止める。
その父親の精子はかつて娘の母親が、
そしてそのまた母親も妊娠させた精子。
お母さんとおばあちゃんに負けじと、
父親のひ孫娘は今夜もお父さんへの愛情と欲望のままに、
子作り性生活を貪り続ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です