お父さんにおトイレでおトイレにされながら孕まされる実の娘

中学校に入ったばかりの娘はガングロギャルになってしまいました。
そして、初潮を迎えた事が判明したその日に、
おしおきと称してほぼ全裸の様な格好でおトイレに監禁され、
お父さんのおトイレとなりました。
娘の初めてのセックスは父親のペニスで、
しかも中出しされ子宮口にピタリとつけた亀頭から、
大量の小便を出され少女おトイレにされました。
翌日も翌々日も延々と毎日お父さんのおトイレにされました。
子宮はもちろんアナルにも無理矢理挿入され、
精液と小便を大量に入れられた上に目の前で脱糞させられました。
口の中にもフェラで放精されたままに小便を流し込まれ、
あまりの気持ち悪さで嘔吐をしましたが、
お父さんは決して口から抜かず、
娘の鼻からは出口を失った吐瀉物が飛び出て気絶しました。
そんな毎日が数ヶ月続いた後に娘は気づきました。
生理が来ていない事に。
子宮に小便をされても娘はシッカリとお父さんとの子供を妊娠しました。
呆然とする娘を前にお父さんは秘密を教えてくれました。
お前のお母さんもお父さんにおトイレでおトイレにされて、
おトイレでお前を産んだんだよ、と。
そして、お前は俺の娘でもあるが、
孫娘でもある、と。
それから娘は目から光を失い、
素直な良い娘に育ちましたとさ。
ずっと、おトイレの中で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です