二児を産まされ子宮も支配された女子中学生の娘は父とキス性交で絶頂

少女は最初、怖くて痛くて何も分からないままに妊娠した。
初めての出産は痛みと苦しみで泡を吹きながら、
何度も気絶を繰り返しのたうちながら娘を産んだ。
二人目を妊娠させられた時は、
出産の苦しみを味わいたくなくて泣きながら犯された。
二度目の出産は事前準備をしっかりと行い、
父もオチンチンを少女のアナルに刺したまま片時も離れずに居たため、
それほど苦しくなく二人目の娘の出産が出来た。
3人目の妊娠では父が妊娠すると優しくなる事が分かり、
娘も積極的に受精セックスを求めるうちに、
娘自身は父親をより強く求める様になっていた。
がむしゃらに父の口腔を求めヨダレをすすり、
周りの人々の視線などお構いなしに、
むしろ見せつける様に激しく行為し、
派手に腰を震わせながら絶頂した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です