友人の父親に拉致され孕まされた少女は次第に快感に流されていった

拉致されアナルを開発され、
挙げ句に処女のまま妊娠させられた娘の友人。
制服の腹部が張る程度に膨らむと態度はかなり変わっていた。
調教中は強気でいるものの、
何度もアナルイキを迎え疲れ切った所で優しく抱き上げると、
無理矢理孕ました相手である娘の父親に少し身を寄せる様になっていた。
その自らも気づいてはいないであろう行為は、
自分を孕まし子宮内から支配された事を受け入れたメスの本能であろうか。
ただ一つだけ分かるのは、
その瞬間を見た娘の目は嫉妬の炎を宿していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です