娘の通っていた学校で大好きだった男子生徒の席で二度目の受精ックス

父「ほら、覚えているか?
お前の大好きだった〇〇くんの席だぞ。」
娘「いやぁ!こんなのってヒドイよぉ!」
父「そんな事ないだろ?
今、お父さんのオチンチンがいつも以上に締め付けられてるのが分かるぞ。
お前は興奮してるんだよっ!
さあ、〇〇くんに向かっていつもの様に言うんだ!」
娘「おっ!おと…お父さんとのセックスが気持ちよくてゴメンナサイ〇〇くん!
気持ちよすぎて毎日セックスしてたら赤ちゃん妊娠して産んじゃってごめんなさい!
だ、大好きだった〇〇くんの席でセックス!
興奮して気持ちよすぎてごめんなさいいいいイイイックウウウウウ!!!!!」
父「よし、私も出すぞ!二人目を妊娠しろよおおおお!!!!」
娘「っ…!!!!!アッ!!!かひっ!くぁはぁあぁぁ…
き…きもちよか…だでず… おどうさん… ありがとうございまず…」
父「〇〇くんのおかげでいつもより良さそうだったな。」
娘「〇〇…くん? だれだっけ… あぁ… そうだ… 昔好きだった… 気がする…
かお おもい だせ ないや…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です