衆人環視の中でオナニー百回絶頂を命じられた12歳女児(二児の母)

妹「ああっ!あっ!いく!イクウウウウ!!!!」
股間に突き刺した指の腹で激しく膣壁を引っかく少女。
通常では激痛が伴うであろう自慰で少女は快感で跳ね上がる。
姉「が、がんばってね。あと89回だからね。」
妹「ハア…ハア… が、がんばる… ん…
あ、あの人、隣の鈴木さん。
私を見ながらオナニー…してる…
ハア ハアハア あっ!あっあっ!!!」
父親は下の娘に衆人環視オナニー百回の調教をさせ、
姉にはその監視とオナニーさせない放置プレイをさせる。
そして、父親は娘達に産ませた孫娘達の調教を行う。
初めての孫娘は1歳半ながらペニスのしごき方を覚え、
お爺ちゃんである父親を絶頂させる。
膣にはペニスはまだ入らないが、
父親の中指ピストンで既に絶頂を迎えている。
いずれは父親の眼前の子供達も生理を迎え、
今の母親達同様の父親の子供を産まされる。
父親の曾孫であり実の娘を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です