自分と実の娘の赤ちゃんなどお構いなしにオナホ小学生妊婦に射精放尿

娘「おとうさんおとうさんっ!おとうさぁん!!!!!」
父「ああ!なんて気持ち良い赤ちゃん入りオナホだ!!!
イクぞ!出すぞ出すぞ!!!」
娘「私もっ!イク!イックウウウウ!!!!!」
同時に絶頂を迎える父親と娘。
そして小学6年生の娘の腹は大きく膨らみ、
子宮の中には父親との赤ん坊を抱えている。
父「っ!!!気持ちよかったぞ、いつも良い子だな。
ああ、そういえば今日はまだ小便していなかったな。
ちょうど便器にチンコ挿していたんだった。」
そう言うと父親は身体を震わせ全力で、
夜中寝ていた分の小便全てを実の娘の子宮と、
父と娘の近親相姦で産まれた赤ん坊に放出しアンモニア臭に満たす。
娘「やっ!だめえええ!!!!おとうさん!それはいやあああああ!!!!
あかちゃんがっ!あがぢゃんがごわれぢゃううううう!!!!」
必死で父を離そうとする娘。
しかし、圧倒的な力の差で腰を更に擦り付けられ、
子宮膜の間に力強く吐き出された小便が染み渡る。
父親は欲望と快感のままに精子に加え小便を娘と孫に浴びせ、
出し終わった時に娘を強く抱きしめ優しく頭を撫でていた。
散々オナホと便器にされた娘も、
気づけば抱きしめる父親から離れたくないと言わんばかりに、
父親に両手を回して強く抱きしめ受け入れていた。
そして当然ながら子宮内に大半の小便は入らず、
膣から溢れ小便は便器と周囲に飛び散った。
勿論、その小便は掃除と称して娘の口ですすらせ舐めさせるのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です