姉妹は子宮口に逆止弁を付けられトイレで父親の小便入れにされる

妹「いや、いやぁ!!!!! や だぁ おしっこ たまってる…」
父親は娘の子宮内に精子を放った直後、
尿意の赴くままに子宮口に亀頭を隙間なく押し付け、
小便を大量に流し込む。
娘達の子宮口には逆止弁が付けられ、
小便や精子が入りやすく全く出ないように処置が施されていた。
姉「お、お父さん。もうそろそろお腹からオシッコ出させて下さい…」
娘達の子宮に小便が貯められて三日目。
セックスで腰を叩きつける度にチャポンチャポンと子宮から水音が響く。
このままではオシッコでお腹がおかしくなる。
その恐怖に歪む娘達の顔を見ながら中出ししたいので、
父親はいつ子宮から小便と精子のシェイクを排泄するかを教えない。
そして、そのシェイクを浣腸にして姉にウンコを出させ、
妹の口にチューブで強制食糞させる地獄が控えている事も内緒のままである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です