明子の友達の真理子12歳は二人目をあの時の電車内で強制受精する

真理子「もういやらぁ!
あがぢゃんうみだぐなぁいいいいいぃぃぃ!!!」
明子との電車内セックスを見られたため、
そのままレイプされ地下に監禁された真理子。
その後、元気な赤ちゃんを明子と共に出産ショーで産み、
そして再び生理が始まった事を知った明子の父は、
真理子が初めてのセックスで恐らく受精した、
同じ電車の同じ時間同じ席で再び犯す。
今回は確実に妊娠させるために卵子の排卵も調整させた。
明子は数え切れないくらいの「ごめんね…」を繰り返すが、
いつもの様に心底嫌がりながらもレイプ受精される真理子を見て、
股間をモジモジさせながら羨ましそうに強制受精の様子を見続ける。
真理子「おかぁさぁん…おとうさぁん…
早くわたしを見つけてよぅ…
じゃないと、わたし、おかあさんより、沢山あかちゃん産まされる…」
悲痛な真理子の懇願は電車のレール音にかき消され、
その願いを奪うように子宮内に放たれた精子は、
確実に卵子に突き刺さり受精した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です