おやすみの日は家族で仲良く一日中衆人環視セックス漬け

娘「おとうさんっ!!お尻の穴!また!閉まらなくなっちゃううううう!!!!」
その言葉と共に父と娘は同時に身体を震わせ、
父親は自分の娘の腸内に精子を放つ。
その様子を見る母は浣腸をされたまま、
微笑ましい親子の性の営みを見続ける命令に従っていた。
母「お父さん、私も、そろそろお尻に蓋をお願いします。
もう、本当に出ちゃうぅ。」
しかし、父親は意にも介さずに娘の穴をまた味わい始めた。
数時間後、ぐったりとした娘と、
その後ろで脂汗にまみれた母親の姿があった。
父は妻の限界を悟り、
自分が娘に放尿すると同時に排便するように命じた。
娘「や!お父さん!私おトイレじゃなっ!あああああぁぁぁ…」
母「わたしっ!くるしいのにっ!イク!お父さん!ありがとうございますっ!!!」
そして周囲に糞便の匂いを漂わせたまま、
そのまま娘のアナルを再びガバガバにする作業を再開した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です