トイレで父親のアナル便所にされる娘(13歳)

「出るぞ!出るぞ!ふんっ!っ!…!」
「あっ!でてっる!イク!私もイッく!!!」
父親の射精に合わせる様に小刻みに震えて絶頂する娘。
「よしよし、良くイッたな。
ご褒美におしっこを吸わせてやるぞ。」
父親はそう言うと、
身体を少し身震いさせ吐く息と共に、
繋がったままの娘の腸内に遠慮なく小便を吐き出す。
「やっ!あっ…また、おしっこ出してる。
あ、ありがとうございます。
お父さん。」
最初こそ嫌がってはいたものの、
母から受け継いだ遺伝子と、
母の調教ビデオを見ながらの調教で、
身体はすっかり受け入れる程に変化していた。
そしていつもの様に娘を便器まで持っていき、
今放った精子と小便と共に糞便の排泄を父親の前でさせる。
娘が排便している間に、
お掃除と称してクソまみれの父のペニスを、
娘に舐めさせしゃぶらせる。
しかし、まだ慣れていないからか、
自らのクソを舐める事への肉体の抵抗と、
アナルにささっていた事による匂いと味が、
娘の吐き気を催しえづかせる。
それを察した父親はペニスを引き抜き、
娘に自分の身体を汚すように吐かせる。
自分の口から滝のように下腹部に向かって吐き出される吐瀉物は、
娘の制服と肉体を酷く汚す。
その娘に向かって洗ってやると父親は小便をかける。
娘は嫌がらず礼を言いながら顔を小便に向ける。
その酷く汚れた姿と、
娘の従順な姿勢に興奮した父親は、
再び娘を犯す。
しかし、排便中のため、
娘はアナルを開ききったままセックスする事になり、
父親のペニスに疲れる度に辺りに糞便を撒き散らす。
その異常なまでの光景と臭気は、
普通であれば近寄りがたい世界であるが、
この親子に至っては何よりも代えがたい愛情あふれる瞬間なのであった。
そして何度もまぐわい、
何度も深く口づけと射精と受精を繰り返し、
その後冷静にトイレ掃除を二人でするのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です