亡き妻の代わりに葬式当日に父親の手で妻にさせられる女子中学生

母親の葬式で泣いていた娘に妻と自分の会瀬を見せる父親。
その母親の姿は性奴隷そのものであった。
そして、その容姿は自分と同じくらいの背丈で、
腹部は大きく膨らんでした。
娘の年齢の時に母親は既に父親の性奴隷となり、
お腹の中に娘を身ごもっていた。
そのビデオを見せられ呆然としていた娘の事など構わず、
父親は娘を襲い容赦なく処女を破り幾度も幼い子宮に精子を放つ。
つい先日、初潮が来たとお赤飯を炊いた娘の子宮に。
幾度も犯される中で幾つもの不快な気持ちと感覚に苛まれる娘であったが、
ふと父親の目元に僅かな涙が見え、
その顔は大切な人を失ったそれであった事に気づいた。
また、母親の従順で被虐的遺伝子を受け継いでいるためか、
僅かな間の性行為の中で快感も感じ始めていた。
父親が長い性行為の果てに疲れ伏した時には、
娘は父親を許し寄り添い妻の様に父親をいたわっていた。
そして娘はかつて母が父親に言っていた様に「アナタ」と話しかけるのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です