少女は毎日孕まされてから学校に行く

「もう…やだ… やめてよ… おとう…さん…」
少女は生理が来てから毎日犯されていた。
前日まで優しかったお父さんは、
生理の事を告げたその場で少女を犯した。
昨日の事は夢だと思い翌朝父と対面した。
その場で、廊下で犯された。
母親は見て見ぬふりをしていた。
小学校の卒業式は長期療養という名目で居なかったが、
その日に少女は自室で父親の目の前で出産していた。
翌年から名門女子中学校に通う事になったが、
毎朝中出しレイプを父親にされた。
生理は来ていない。
というより、最初の生理を父親に報告してから、
一度も迎えた事は無かった。
母親は少女が出産で苦しむ声も、
産後の赤ちゃんの声も聞いているはず。
しかし、いつもの様に、
少女が犯される前と同様に、
不気味な程に変わらずに接してくる。
変わっているのは、
母親の腹部が現在膨らんでいる事だ。
これから少女はどの様になっていくのだろうか?
そして、成人前に何人の子供を産まされるのだろうか?
————————————————–
どうも、私です。
清楚な少女の胎内には、
あってはならぬ穢が溜め込まれていく。
背徳の響美ですね。
それはともかくDMMでの販売が一昨日と一昨昨日でゼロとなりました。
危機的状況です。
今週中に一つは作品を販売したいと思っています。
思ってはいますが中々上手くいかない。
作品制作に集中させてくれよ、
と思う事が起こりすぎです。
厄年なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です