初潮が来てから父親に監禁され妊娠出産を繰り返され続ける娘

「うう…もう…やめてぇ…
う、うみたくないぃ…
妊娠したくないぃ…」
早めに初潮が来た(実は父親の投薬で早められた)娘は、
初潮を報告したその日その場で父親にレイプされた。
まだ小学三年生だった。
友達からも学校からも近所の人達からも引き剥がされ、
娘の存在は行方不明とされてしまった。
しかし自宅では依然として父親と暮らしていた。
だが娘ではなく妊娠性奴隷として暮らしていた。
あえて初潮が来るまで社会に出し続けたため、
父親との行為の異常性に娘は抵抗し、
悲しみ恐怖し泣き続けていた。
しかし、その思いとは裏腹に、
生物としてしっかりと妊娠をし、
毎年実の父親の精子で孕んだ娘を出産し続けた。
また、娘の目の前で娘が産んだ娘を、
父親は容赦なくゼロ歳児処女貫通し続けた。
目の前で自分が産んだ娘を犯される度に、
娘は子供の泣き声で母としての悲しみを込めた嗚咽を繰り返した。
娘は現在3児の母だ。
そして、今日も次の娘を孕む為に父親に犯されている。
————————————————–
どうも、私です。
引っ越してから回線が貧弱過ぎて、
このうごイラ(容量8MBちょっと)のアップでさえ一分近くかかっています。
これでは作品データのアップロードはどうなってしまうのでしょうか。
動画作品は恐らく絶望的の様な気がします。
とはいえ、現在これ以上かけるマネー的余裕は全く無いです。
この貧弱回線に知恵をこらし何とかしていくしか無いわけです。
もしくは誰かが5000兆円をくれるしか無いわけです。
ホント貧乏ってイヤですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です