鬼畜父親が2Bコス妻(娘)にイラマチオさせ孫には自慰を強いる4

実の父親に犯され孕ませ続けている娘の出産プレイ。
初めての出産は八歳の時だった。
父親は出産時に出来る限り楽に、
且つ快感を得ながら出産させるため、
膣道及び子宮口の拡張と痛覚快感に徹底した。
0才児で父親は娘の処女を指で破り、
毎日の挨拶の様に膣道ペッティングを繰り返した。
乳飲み子が膣内に異物を飲み込む異常な姿。
それが繰り返される結果、
娘は1才児になる頃には膣に何かを入れると落ち着くようになっていた。
三歳児になった時には指を三本入れて膣壁を擦り上げると、
成人女性がイキ痙攣する姿と同様に絶頂に達していた。
三歳での初セックスで絶頂しまくる娘に、
父親は毎日セックスをして慣れさせると共に、
緩やかに極太バイブや指で広げつつ、
膣圧トレーニングで膣の締りも鍛えていった。
父親の拳を飲み込みイキよがる様になった頃、
娘の痛覚快感トレーニングが始まった。
イク瞬間に乳首やクリトリス、Gスポットに針を刺す。
敏感な部分にデスソースを塗ったままバイブでイカせる。
痛みがあってもイク様になった頃、
娘の敏感な部分に小さめの痛みを徐々に与え、
痛みと絶頂の小さな波を勘違いさせていく。
やがて娘は乳首に針を刺されイキ、
クリトリスに針を貫かれイキ、
Gスポットに画鋲をいくつも刺され絶頂する様になった。
六歳児にして完全に痛覚で絶頂するマゾ幼女の完成である。
後は子宮口も膣を広げるのと同様に広げていった。
娘は長年の経験で1年と経たず父親の拳も子宮内に受け入れ、
子宮内で父親の手、指、爪で弄ばれる事で痙攣する程に絶頂する事が出来た。
娘が八歳になった時、
排卵が始まった。
広がりきった娘の膣道や子宮口を利用し、
排卵した卵子を目で確認しながら、
イヤというほどに父親の精子を直接かけた。
当然の妊娠。
娘は自らの腹部が膨らみ、
赤ん坊に蹴られる度にイッていた。
突然の陣痛にも娘は絶頂しまくった。
そんな娘を横目に見ながら撮影の準備をする父親。
そして父親はペニスを娘のアナルに一気に叩き入れる。
胎児の事も娘の事もお構いなしといった具合に犯す。
娘はその衝撃で吐く。
幾度も吐く。
白目を剥いて吐く。
しかし、娘はイキ続けた。
苦しみ痛みで幾度もイキ続けた。
アナルにペニスをハメたまま父親は何度も何時間も娘を犯した。
やがてお互いに限界が近かったので父親は無理矢理出産する事を選んだ。
父親は娘を下にし腹を押しつぶしつつ、
膣を男の力で思い切り広げた。
拡張調教で広がっている娘の膣ではあったが、
やはり膣が裂ける事は回避出来ず、
その痛みに獣の様な叫びを上げ、
イキ痙攣を繰り返した。
その間も父親は娘の腹を体重をかけ押しつぶす。
何度も、何度も、何度も。
幾度目か分からないほど繰り返した瞬間、
ズルンと胎児が八歳児の身体から飛び出た。
一桁妊婦が赤ちゃんを産んだ瞬間であった。
出た瞬間も娘はイキ続けていたので覚えているかは分からない。
しかし、産んだ後に少し落ち着き、
父親の身体の上で父親の半分以下の小さく華奢な身体を預け、
アナルにはペニスが刺さったまま膣からへその緒が繋がったままの、
娘より更に小さな胎児を抱いた娘は嬉しそうに泣いた。
その姿は禁忌と異常が混ざりあった異様な景色かもしれないが、
父親と娘にとってはとても幸せであった事は間違いなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です