鬼畜父親が2Bコス妻(娘)にイラマチオさせ孫には自慰を強いる2

妻(娘)は産まれながらにして父親の性奴隷であった。
物心付いた頃には父のペニスを咥えていた。
初めての記憶は父のペニスで処女を裂かれた痛みだった。
5歳の時だった。
母親の記憶は無いが、
父親が言うには激しい出産プレイで亡くなったらしい。
お互いに変態性愛を受け入れ愛し合っていたが、
父親は出産プレイ時に激痛でイキまくる母を止めれなかった事を後悔していた。
今は一生共に居ると言っているが、
妻(娘)にはどういう意味なのかは分からなかった。
その後、何年も毎日毎時毎分毎秒、
出産プレイ時でも耐えられる様に自分の娘を調教し続けた。
そして現在、出産プレイを何度も耐え続けイキ続け、
現在16歳にして8人目の娘を懐妊中である。
更には最初の娘(孫)も二人目を同時に懐妊中だ。
ちなみに出産時には自慢と収益を兼ねて、
動画を撮り若年近親相姦少女妊婦同好会に販売した。
また、一桁妊婦の出産プレイは珍しいため、
妻(娘)の初出産プレイの動画は今も売れ続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です