鬼畜父親が2Bコス妻(娘)にイラマチオさせ孫には自慰を強いる

父親の妻となった娘は産まれた時から父に調教されていた。
結果、イラマチオでノドを突かれ吐き気に襲われようが、
構わずに父親のペニスを飲み込める様になった。
父親もそんな妻(娘)の調教結果を味わうべく、
遠慮無しに妻の顔面に腰を叩きつけペニスを食道にまで突き刺す。
妻は決して父親の暴力的なまでの性行為には抵抗せず受け入れる。
それが愛情であると信じているからだ。
その愛情故に涙が流し鼻水やよだれをたらし、
時には鼻血も流しつつ窒息で気絶する時もある。
しかし、父親が実の娘である妻の窒息などお構いなしに食道や気道に精子を吐き出した後、
父が娘を優しく介抱する時に娘は自分の努力が認められ愛され愛したと感じる事が出来た。
ちなみに孫娘(一親等)は、
現在11歳時点で既に一人出産済である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です