反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 まとめ

先日創作した「反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親」シリーズを、
一つのページ及び動画にまとめました。

【シーン1】
小学校でディープキスやフェラチオ、飲尿プレイはお父さんとしないと知った娘。
もうしたくないと反抗期を迎えたのでした。
怒ったお父さんは娘の前に立ちふさがり、今日から孕ませ調教をして娘を妻にする事を辛くも心に決めました。

【シーン2】
父は逃げようとする娘の腕をつかみ半ば引きずりながらベッドに投げ伏せる。
スカートをたくし上げ娘の下着を露わにすると、
娘の恥部が露出した年齢と外で着るには似つかわしくない下着が晒される。
父親からプレゼントされた品で今も習慣なのか愛情が残っているのか、
反抗の意思を見せた今でさえも恥部を露出した下着を履いていた。
勿論父親は娘の入れやすい恥部に指を撫であてこする。
同時にいつものように娘にディープキスをする。
口を閉じ抵抗する娘であったが、
長年の調教で下の口がよだれを程なく垂らすと同時に、
唇に閉じられ12歳の蜜に満たされた口腔は父親を受け入れた。
それでも何とか抵抗しようと腕で父を退けようとするが、
弱々しく華奢な腕は父の力への抵抗など虚しく、
ただその年老いた手を腕に乗せられるだけで動くことは叶わなくなった。
そして、いつもの様に入念で嬲るようなディープキスを延々と受け入れさせられた。

【シーン3】
おしおきだ、そう言うと父親は娘の頭を掴み口内にペニスをねじ込む。
いやいやしようが男の両手の力にか弱い少女の首は微塵の抵抗も出来なかった。
閉じた唇にペニスをあてがわれても初めは拒否をしていたが、
物心付いた頃からの行為と両手の力に全く抵抗の出来ない自身の弱さから、
自然と少女の唇は父親のペニスをゆっくりと受け入れた。
少女の口が父親のペニスと同じ位に開いた瞬間、
父親は少女の頭を自らの腰に叩きつけ、
合わせて父親も腰を前に振りペニスを少女の口内から喉に向けてねじ込む。
少女の視界がぼやけ鼻の奥から脳内に鈍い痛みが広がり、
喉の中にジワリと鉄の味が染みる。
歪む意識の中で僅かに抵抗しようと両手を父の膝に乗せるものの、
苦しさと痛みと意識の歪みでただ乗せるだけになってしまう。
血のローションを流し口と喉を父親のオナホにされ、
幾度か父親のペニスが常人ならば吐く場所にねじ込まれ思い出す。
父親はいつも少女の意識を完全に失わせず、
殺されるという自らの恐怖とは裏腹に決して本当に死ぬような行為はしなかった。
それが長時間嬲り苦しむ少女を見るためなのか、
本心で娘の躾の為にやっているからなのかは少女には分からなかった。
ただ苦しみの中で思った事は父親への謝罪であった。
喉奥をペニスが突き抜け吐き気で胃液は戻り、
涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながらペニスが息さえもさせないにも関わらず、
「ごめんなさい」と喉が動き振動がペニスを震わせ父に伝えようとする。
それに気がついたのか父親はペニスの動きを緩め、
ボロボロになった少女の顔を見つめながらペニスを出し入れする。
少女は気道が通った瞬間に咳き込みながら嗚咽し懸命に息をしつつも、
その口はペニスを咥えたまま「ごめんなさい」と動き続ける。
父親はその姿を見て少女の頭を撫で鼻血を拭ってやるが、
少女が意識を少し戻した瞬間に再びペニスのピストン運動を開始する。
再び少女は意識を手放し戻しを繰り返し、
鼻の奥に鈍色の痛みを幾度も与えられる。
しかし、少女は抵抗するどころか自らの喉奥の気道さえも使うほどに、
自ら父親のペニスを迎えに行く。
そのほぼ無意識の少女の行動は謝罪なのか愛情なのか調教故の習慣なのか、
少女自身も分からなかったが身体はそうしたいと動いたのだ。
そして父親が絶頂を迎えると限界まで少女の顔を自らの腰に埋める。
少女もまた自ら父親のペニスを飲み込みに行く。
喉奥で放たれた父親の精は気道に入り少女は咳き込むが、
その動きさえも出来ず息もできず、
苦しみから逃れようと筋肉だけが震え身体が痙攣し、
指先は反り返り震え目は剥き出しに空を見続ける。
精液を出し切った父親は少女の頭を乱暴に引き抜きベッドに叩きつける。
少女の口に入るとは思えないサイズの父親のペニスがズルリと離れる。
ベッドに倒れた少女は身体を反り返し失った酸素を取り戻そうと息を吸うが、
同時に気道に入った精液を吐き出そうと繰り返し、
激しい咳と今まで顔面と喉奥に味わった苦しみ痛みで、
釣り上げられた魚の様にベッドで跳ね回る。
そして跳ね回りながら少女は口をパクパクとさせる。
何度も何度も「ごめんなさい」と。

【シーン4】
父親は再びペニスがイキリ勃つと娘の股間にペニスをあてがった。
少女はこれから行われる行為がセックスである事は学校で先日知った。
しかし、まさか父親にされるとは微塵も思っていなかった。
何故性的なスキンシップと躾が日常で行われていたにも関わらず、
少女はセックスは学校で知ったのか?
父親は一つだけ超えない線を持っていたからだ。
それは実の娘とのセックスだった。
何故か?
少女は父親の一親等の曾孫だからだ。
つまり父親は娘を過去に犯し娘に娘を産ませ、
更に孫にあたる娘をも孕ませ産ませた。
そして産まれたのが今犯そうとしている娘だった。
年齢を重ねると共に僅かに産まれた自制心、
それがセックスをして曾孫を妻にし、
玄孫を産ませずに普通の娘として育てる事だった。
しかし、性的ペッティングさえも抑えきれない父親に、
娘の、曾孫の反抗と、生理も迎えている食べごろ孕ませ頃の少女を目の前に、
自制など、いや本能を抑えこむなど無理だったのだ。
結果、今少女のヴァギナには父親のペニスが入り込もうとしていた。
少女は抵抗しようとするも、
先ほどのイラマチオで身体に力も入らず、
また性行為自体で濡れている股間はペニスを受け入れざるを得なかった。
娘の細腕程にイキリ勃った父の亀頭が娘のヴァギナに入り込み、
押し込めば入りきる道筋を経験上把握している父親は、
少女の子宮を目指し一気にペニスを突っ込んだ。
始めての挿入で何が起こったか分からない娘は目を見開くが、
直後胎内で花火を爆発された痛みとも、
熱湯が胎内で破裂した熱さともとれる感覚に襲われた。
嫌だ止めてと父親に懇願するも、
父親は何年ぶりの挿入の感覚に酔いしれ聞こえず、
味わう様に娘の膣をペニスでねぶり挿入を繰り返す。
少女の拒否する声は次第に小さくなるが、
父親は犯す感覚を取り戻したのか次第に腰の動きが早くなる。
実の父親にペニスを挿入された少女は徐々に思い出す。
これから何が起こるのか。
そして本能で理解する。
十月十日後に迎えるのは最悪の結果だという事を。

【シーン5】
少女の膣内で繰り返される肉と肉の運動。
実の父親のペニスと実の娘の膣の直接的接触。
ヒトが本能で拒否を実感する禁忌の行い。
その事を父親は久しぶりに実感し味わう様に娘の膣をペニスで味わった。
娘の悲痛な拒否の言葉などは無視し、
思い出した事を次々と口に出す。
始めての妻は実の妹であった。
妹を犯し産まれた娘を監禁し妻にしまた産ませた事。
始めての娘を犯した、膣に挿入出来た時、言葉もしゃべれない年齢であった事。
その娘が子供を産んだ年齢は今犯している娘よりずっと若かった事。
これまでの妻達の出産年齢は今の娘より若い事。
父親は過去を遡る様に語り続けたが、
やがて眼前の娘の時代になり思いだし、
腰の動きを止めないままに娘の目を見ながら言う。
ずっと娘を孕ませたかった事を。
娘は恐怖し更に悲鳴を上げ泣きじゃくり拒絶する。
しかし、その思いとは裏腹に父親は娘の曾孫の苦痛を実感し、
更にペニスは熱くたぎり腰の動きは速さを増していく。
その動きは次第に最後へと向かうという事実を、
膣内の痛みが増すと共に少女に実感させていった。
そして受精可能な実の娘の子宮に、
実の父親の精子が放たれた時、
娘は、曾孫は、妻となるのだった。

【シーン6】
父親は間もなく絶頂に達しようとしていた。
娘の恐怖も拒否も懇願も無視して、
いや、その目に眼前の環境は見えず、
自分の娘であり孫を生殖するという禁忌故の背徳と言う名の快感、
興奮、何年ぶりのセックスと孕ませ、
その全てが父親を支配し少女の存在は魅力的で美しく希少な子宮にしか見えていなかった。
だんだんと激しくなる腰の動きは、
常軌を逸し子供に与えて良い、
いや大人の女性に対してさえ暴力暴行となるほどに激しくなっていった。
あまりの激しさに少女の腰骨と父親の腰骨に挟まれた肉は悲鳴をあげ、
少女は胎内をペニスで裂かれる痛み以上に腰が砕かれる痛みに襲われた。
そしてそれ程の衝撃は内臓にも響き頭さえも揺らし、
少女の内蔵は父親に内側から殴られた様な衝撃で吐き気を迎え、
揺らされた脳は恐怖と苦痛の上に混濁をふりかけていった。
心身共に壊されていく娘などお構いなしに父親はついに絶頂を迎える。
射精の瞬間思い切り腰を娘に押し付け、
ペニスは子宮口をも裂き子宮内に埋没する。
父親の精子は娘の子宮を犯すに足らず、
卵管から卵巣まで精子で嬲り倒した。
射精の瞬間、時が止まった様な瞬間に、
少女は意識を戻し声を発した。
拒絶、拒否、懇願、悲痛と悲哀。
しかし少女の願いは微塵も叶わず、
少女の子宮自身は父親の精子を素直に受け入れた。
着床。
父親の実の娘であり曾孫は、
妻となった。

【シーン7】
ゴスロリ少女が父親から初めての生殖行為を受け数ヶ月が過ぎた。
父親の怨念に近い思いが通じたのか、
初性行為で受精し順調に娘の腹部は膨らんでいった。
始めこそ泣きはらし毎回拒否の姿勢は見せていたが、
父親の長年の愛情(調教)の賜物なのか、
すぐにセックスも受け入れ快感を得るようになり、
アナルセックスさえも一月と経たずに嬌声を上げるに至った。
少女は今日も父親とのセックス前にペニスを愛おしそうに堪能しつつ、
愛液代わりの唾液で潤滑を増す作業を入念に行う。
無論、愛液代わりなど必要ない位に少女のまたは濡れている。
物心付いた時からのスキンシップと言う名の快感調教、
セックスは最近までしなかっただけで、
大人の女でさえ拒否するような様々な絶頂プレイと
偏った常識を植え付けられたのだ。
身体は普通の子供のそれとはかけ離れ、
人としての性感覚をも大きく越えている。
故にペニスもヴァギナも濡らす必要など常に無いのだ。
ともあれ父親のペニスを舐めしゃぶる少女の姿から、
その行為が不要だとしても自身が望んでしている事は明白であった。
時折目線を上に向け父親と目が合うと、
とてもうれしそうに笑顔を返す。
自分を辱め犯し孕ませた父親だというのにも関わらず。
もういいぞ、と父親は娘の顔を離すと、
少女は少し残念そうな顔をしペニスから視線をずらし父親を見上げる。
父親は娘の頬を優しくさすり、
よく出来たねと頭を撫でてやると、
屈託の無い笑顔を父親に向けた。
そして父親は娘を後ろから抱きしめてから優しく四つん這いにさせる。
少女はこれからされる事にワクワクし、
まるで餌を待つ犬の様に少し舌を出しながら口を開き呼吸を荒くする。
そう、まさにこれから獣の様に後ろから突き上げられる事に気づき、
少女は心中で舌なめずりをしていたのだった。

【シーン8】
毎日毎朝昼晩挿入し続けた膣道に遠慮はいらなかった。
まさに突き上げる様にペニスを父親は娘に叩き入れた。
その衝撃を娘は苦しむどころか心地よく受け止めていた。
そして間髪入れずにピストンが繰り返される。
その音はアダルトビデオのそれと遜色無い程に激しかった。
身重の、しかも小学校卒業前の少女が受ける性行為ではとても無い。
しかし少女は嬌声を上げ顔は心底幸せといった雰囲気を醸し出していた。
少女は母性で胎内の子供を心配などしていなかった。
確実に子宮内で父親のペニスに突き上げられ、
子宮口から子宮内に父親の精子が染み渡る事を喜んでいると知っていた。
いや、実際に子宮内に居る頃の幼いどころではない頃の記憶、
父親の激しい性行為と精子シャワーを喜んでいた事、
その異常な行為と変態的快感を身体が覚えていたのだ
もっと突いてと父親にせがむ娘。
もっと遊んでとせがむ親子の様だが、
その様子は大人の性行為そのものなのだ。
ひとしきりピストンを続けると、
やがて訪れる少女の至福の瞬間、
自分の子宮が実の父親の精子を受け入れると共に、
自分の子供も実の父親の精子を浴びるという、
この父と娘にとっては本当に至福の瞬間が訪れるのだ。

【シーン9】
父娘同時に絶頂を迎える。
毎日毎回二人同時に。
やはり血の繋がった父娘である上に、
お互い産まれながらの変態性嗜好者のDNAを持つからなのか、
はたまたこれこそが世間の常識では得られない本当の親子愛なのか。
しかし彼らにその様な考えは無い。
ただ父が求め、妹、娘、孫が答えた結果がここにあるだけ。
ただ家族が求めあった結果がここに残っただけなのだ。
そして彼らの表情や仕草は常人の愛し合う恋人の姿そのものだった。

【シーン10】
射精後は父娘共に胎内の感覚を味わう。
父親は自分のペニスを娘の子宮口に口づけする様に浅くゆっくりと腰を突き出し、
娘は軽く白目を向き絶頂しながらも父親の腰の動きに合わせ膣の締め付けをする。
父親と愛娘(曾孫)の愛情が最も高まる瞬間だ。

【シーン11】
後背位で愛し合った父娘は繋がったまま娘騎乗位でセックスを続けた。
ゆっくりと互いの性器を胎内で味わうように。
少女は父親のペニスを喜ばせようと膣を締め上げ緩ませを繰り返しつつ、
自らも快感を得るように膣内を意識しながらゆっくりと上下する。
時には父親の目を見つめ、
時には父親の唇に軽くキスをしつつ鼻をこすり合わせ、
時には激しく舌を絡まキスをし、
時には父親の唾液を飲ませてもらい、
時にはただ強く抱きしめてもらい、
そうしながらも腰の動きは止めなかった。
ふと父親は娘が腰を動かしつつもじっと目を見続ける事に気づいた。
その目はとても物悲しさが感じられた。
娘の頭を撫でながら、どうした?と尋ねる。
娘は父親の目を、目の奥を見て言った。
もう、私を手放さないで下さいね。
父親は娘の目の奥に3人の瞳が見えた気がした。
父親は何か怖気を感じつつも、
申し訳無さと愛おしさを感じ、
一言、ああ、と答えると娘を強く抱きしめ、射精した。
娘もまた父親を強く抱きしめ返し、絶頂した。
これまで父親が彼女らとどうしてきたか、
これから娘とどうなるのか、
それは分からないが、
ただ、今は幸せだという事は確実な現実であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です