反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン⑨

父娘同時に絶頂を迎える。
毎日毎回二人同時に。
やはり血の繋がった父娘である上に、
お互い産まれながらの変態性嗜好者のDNAを持つからなのか、
はたまたこれこそが世間の常識では得られない本当の親子愛なのか。
しかし彼らにその様な考えは無い。
ただ父が求め、妹、娘、孫が答えた結果がここにあるだけ。
ただ家族が求めあった結果がここに残っただけなのだ。
そして彼らの表情や仕草は常人の愛し合う恋人の姿そのものだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です