反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン⑧

毎日毎朝昼晩挿入し続けた膣道に遠慮はいらなかった。
まさに突き上げる様にペニスを父親は娘に叩き入れた。
その衝撃を娘は苦しむどころか心地よく受け止めていた。
そして間髪入れずにピストンが繰り返される。
その音はアダルトビデオのそれと遜色無い程に激しかった。
身重の、しかも小学校卒業前の少女が受ける性行為ではとても無い。
しかし少女は嬌声を上げ顔は心底幸せといった雰囲気を醸し出していた。
少女は母性で胎内の子供を心配などしていなかった。
確実に子宮内で父親のペニスに突き上げられ、
子宮口から子宮内に父親の精子が染み渡る事を喜んでいると知っていた。
いや、実際に子宮内に居る頃の幼いどころではない頃の記憶、
父親の激しい性行為と精子シャワーを喜んでいた事、
その異常な行為と変態的快感を身体が覚えていたのだ
もっと突いてと父親にせがむ娘。
もっと遊んでとせがむ親子の様だが、
その様子は大人の性行為そのものなのだ。
ひとしきりピストンを続けると、
やがて訪れる少女の至福の瞬間、
自分の子宮が実の父親の精子を受け入れると共に、
自分の子供も実の父親の精子を浴びるという、
この父と娘にとっては本当に至福の瞬間が訪れるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です