反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン⑤

少女の膣内で繰り返される肉と肉の運動。
実の父親のペニスと実の娘の膣の直接的接触。
ヒトが本能で拒否を実感する禁忌の行い。
その事を父親は久しぶりに実感し味わう様に娘の膣をペニスで味わった。
娘の悲痛な拒否の言葉などは無視し、
思い出した事を次々と口に出す。
始めての妻は実の妹であった。
妹を犯し産まれた娘を監禁し妻にしまた産ませた事。
始めての娘を犯した、膣に挿入出来た時、言葉もしゃべれない年齢であった事。
その娘が子供を産んだ年齢は今犯している娘よりずっと若かった事。
これまでの妻達の出産年齢は今の娘より若い事。
父親は過去を遡る様に語り続けたが、
やがて眼前の娘の時代になり思いだし、
腰の動きを止めないままに娘の目を見ながら言う。
ずっと娘を孕ませたかった事を。
娘は恐怖し更に悲鳴を上げ泣きじゃくり拒絶する。
しかし、その思いとは裏腹に父親は娘の曾孫の苦痛を実感し、
更にペニスは熱くたぎり腰の動きは速さを増していく。
その動きは次第に最後へと向かうという事実を、
膣内の痛みが増すと共に少女に実感させていった。
そして受精可能な実の娘の子宮に、
実の父親の精子が放たれた時、
娘は、曾孫は、妻となるのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です