反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン④

父親は再びペニスがイキリ勃つと娘の股間にペニスをあてがった。
少女はこれから行われる行為がセックスである事は学校で先日知った。
しかし、まさか父親にされるとは微塵も思っていなかった。
何故性的なスキンシップと躾が日常で行われていたにも関わらず、
少女はセックスは学校で知ったのか?
父親は一つだけ超えない線を持っていたからだ。
それは実の娘とのセックスだった。
何故か?
少女は父親の一親等の曾孫だからだ。
つまり父親は娘を過去に犯し娘に娘を産ませ、
更に孫にあたる娘をも孕ませ産ませた。
そして産まれたのが今犯そうとしている娘だった。
年齢を重ねると共に僅かに産まれた自制心、
それがセックスをして曾孫を妻にし、
玄孫を産ませずに普通の娘として育てる事だった。
しかし、性的ペッティングさえも抑えきれない父親に、
娘の、曾孫の反抗と、生理も迎えている食べごろ孕ませ頃の少女を目の前に、
自制など、いや本能を抑えこむなど無理だったのだ。
結果、今少女のヴァギナには父親のペニスが入り込もうとしていた。
少女は抵抗しようとするも、
先ほどのイラマチオで身体に力も入らず、
また性行為自体で濡れている股間はペニスを受け入れざるを得なかった。
娘の細腕程にイキリ勃った父の亀頭が娘のヴァギナに入り込み、
押し込めば入りきる道筋を経験上把握している父親は、
少女の顔を自らの顔に強制的に向け一気にペニスを突っ込んだ。
始めての挿入で何が起こったか分からない娘は目を見開くが、
直後胎内で花火を爆発された痛みとも、
熱湯が胎内で破裂した熱さともとれる感覚に襲われた。
嫌だ止めてと父親に懇願するも、
父親は何年ぶりの挿入の感覚に酔いしれ聞こえず、
味わう様に娘の膣をペニスでねぶり挿入を繰り返す。
少女の拒否する声は次第に小さくなるが、
父親は犯す感覚を取り戻したのか次第に腰の動きが早くなる。
実の父親にペニスを挿入された少女は徐々に思い出す。
これから何が起こるのか。
そして本能で理解する。
十月十日後に迎えるのは最悪の結果だという事を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です