反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン③

おしおきだ、そう言うと父親は娘の頭を掴み口内にペニスをねじ込む。
いやいやしようが男の両手の力にか弱い少女の首は微塵の抵抗も出来なかった。
閉じた唇にペニスをあてがわれても初めは拒否をしていたが、
物心付いた頃からの行為と両手の力に全く抵抗の出来ない自身の弱さから、
自然と少女の唇は父親のペニスをゆっくりと受け入れた。
少女の口が父親のペニスと同じ位に開いた瞬間、
父親は少女の頭を自らの腰に叩きつけ、
合わせて父親も腰を前に振りペニスを少女の口内から喉に向けてねじ込む。
少女の視界がぼやけ鼻の奥から脳内に鈍い痛みが広がり、
喉の中にジワリと鉄の味が染みる。
歪む意識の中で僅かに抵抗しようと両手を父の膝に乗せるものの、
苦しさと痛みと意識の歪みでただ乗せるだけになってしまう。
血のローションを流し口と喉を父親のオナホにされ、
幾度か父親のペニスが常人ならば吐く場所にねじ込まれ思い出す。
父親はいつも少女の意識を完全に失わせず、
殺されるという自らの恐怖とは裏腹に決して本当に死ぬような行為はしなかった。
それが長時間嬲り苦しむ少女を見るためなのか、
本心で娘の躾の為にやっているからなのかは少女には分からなかった。
ただ苦しみの中で思った事は父親への謝罪であった。
喉奥をペニスが突き抜け吐き気で胃液は戻り、
涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながらペニスが息さえもさせないにも関わらず、
「ごめんなさい」と喉が動き振動がペニスを震わせ父に伝えようとする。
それに気がついたのか父親はペニスの動きを緩め、
ボロボロになった少女の顔を見つめながらペニスを出し入れする。
少女は気道が通った瞬間に咳き込みながら嗚咽し懸命に息をしつつも、
その口はペニスを咥えたまま「ごめんなさい」と動き続ける。
父親はその姿を見て少女の頭を撫で鼻血を拭ってやるが、
少女が意識を少し戻した瞬間に再びペニスのピストン運動を開始する。
再び少女は意識を手放し戻しを繰り返し、
鼻の奥に鈍色の痛みを幾度も与えられる。
しかし、少女は抵抗するどころか自らの喉奥の気道さえも使うほどに、
自ら父親のペニスを迎えに行く。
そのほぼ無意識の少女の行動は謝罪なのか愛情なのか調教故の習慣なのか、
少女自身も分からなかったが身体はそうしたいと動いたのだ。
そして父親が絶頂を迎えると限界まで少女の顔を自らの腰に埋める。
少女もまた自ら父親のペニスを飲み込みに行く。
喉奥で放たれた父親の精は気道に入り少女は咳き込むが、
その動きさえも出来ず息もできず、
苦しみから逃れようと筋肉だけが震え身体が痙攣し、
指先は反り返り震え目は剥き出しに空を見続ける。
精液を出し切った父親は少女の頭を乱暴に引き抜きベッドに叩きつける。
少女の口に入るとは思えないサイズの父親のペニスがズルリと離れる。
ベッドに倒れた少女は身体を反り返し失った酸素を取り戻そうと息を吸うが、
同時に気道に入った精液を吐き出そうと繰り返し、
激しい咳と今まで顔面と喉奥に味わった苦しみ痛みで、
釣り上げられた魚の様にベッドで跳ね回る。
そして跳ね回りながら少女は口をパクパクとさせる。
何度も何度も「ごめんなさい」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です