反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン②

父は逃げようとする娘の腕をつかみ半ば引きずりながらベッドに投げ伏せる。
スカートをたくし上げ娘の下着を露わにすると、
娘の恥部が露出した年齢と外で着るには似つかわしくない下着が晒される。
父親からプレゼントされた品で今も習慣なのか愛情が残っているのか、
反抗の意思を見せた今でさえも恥部を露出した下着を履いていた。
勿論父親は娘の入れやすい恥部に指を撫であてこする。
同時にいつものように娘にディープキスをする。
口を閉じ抵抗する娘であったが、
長年の調教で下の口がよだれを程なく垂らすと同時に、
唇に閉じられ12歳の蜜に満たされた口腔は父親を受け入れた。
それでも何とか抵抗しようと腕で父を退けようとするが、
弱々しく華奢な腕は父の力への抵抗など虚しく、
ただその年老いた手を腕に乗せられるだけで動くことは叶わなくなった。
そして、いつもの様に入念で嬲るようなディープキスを延々と受け入れさせられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です