中途半端な2Bコス&拘束されたまま屋外で他人に見られつつ強制絶頂

孫娘「お、おとうさん!な、なにをするの!?」
両手を拘束され遮光性の目隠しをつけられ、
どこか分からない所に連れ出された孫娘(でもあり娘でもある孫娘)。
実の娘との近親相姦プレイの末に戯れに産まされた孫娘は、
いつも目隠しをされないと外に出してもらえなかった。
父親であり祖父は何も言わずに乱暴に孫娘の股間を擦り上げる。
孫娘「んん!!!!んっあああああ!!!!いくっ!いくぅっ!!!」
産まれてから毎日毎時間調教された身体は即座に絶頂に至る。
しかし、イッていようとその乱暴な動きは止まらない。
孫娘は幾度もイクうちに気づく。
誰かが自分を見ていて蔑む言葉を投げつけている事に。
孫娘「やっ!やらぁ!おとうさん!なにかいる!みられてるっ!!!
やぁっ!やっ…んっ!イクッイクウウウウ!!!!!」
世間を知らずに育ったはずの孫娘のはずだが、
何故か被虐を遺伝子が覚えているのか、
父親(祖父)が教えずとも精神的加虐行為にも激しく絶頂出来ていた。
そしてマンコ弄りでの肉体的絶頂と蔑みの精神的責め苦に幾度もイク孫娘は、
その後日が暮れるまで弄ばれ続けヨダレを垂らし身体が動かなくなるまで責め続けられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です