妻20歳(娘)の前で娘10歳(孫)を夕方過ぎても衆人環視レイプ

娘(孫)は朝から父親(祖父)に犯され続け、
昼飯や休憩時間もピストンバイブを付けられ拘束されたまま、
父親(祖父)の愛情たっぷり口移しで食事中もイカされ続ける。
夕暮れとなり身体も精神も疲れ切っている娘(孫)だったが、
父親(祖父)は身体の軽い娘(孫)を肉のオナホの様に、
自分勝手に欲望のままに犯し続ける。
妻(娘)は夕暮れまで犯され続ける自分の娘を見続け、
羨ましさと悔しさと身体に刷り込まれた快感で、
股間の蜜が自分の靴に浸るまでに濡らしていた。
その顔には母親としての顔は無く、
嫉妬にくれる女の顔が現れていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です