3人目赤ちゃん受精セックスで12歳娘は母に見られながらイク

母はこの子だけは普通に育ててくれると、
夫のことを、
いや、自分が産まれた時から精子まみれにしてきた、
父親のことを信じていた。
しかし、娘を普通の小学校に通わせてきたのは、
普通を知る娘を苦痛の中で嬲り、
世の普通の少女を性奴隷に貶す事を楽しむためだった。
今でも夫という立場にしてもらった実の父に、
娘だけは許して欲しいと言う。
しかし、その悲しみに満ちた母の顔は、
父親の望んだ表情そのものであった。
小学生で排卵が始まったその日、
自分の娘が眼前で犯された。
夫である父親に逆らえない母は、
絶叫を上げ拒否する娘を押さえ込み、
父親のペニスを捻り込む手伝いをした。
毎日父親のペニスで犯される娘であり孫。
数ヶ月後には妊娠が発覚した。
娘が10歳の誕生日の日、
プレゼントをもらうのではなく、
父親に曾孫を産み出しプレゼントしていた。
母も父親に孕まされ程なく父に犯され続ける娘の眼前で、
アナルオナニーをしながら娘の妹を産んだ。
そして今、
娘は3人目を受精した。
皆が使うトイレの中で。
その後、娘はトイレの中で、
排便をしながら自分の娘を産み、
母もまた娘を排尿しながら産むのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です