反抗期を迎えた少女を監禁し孕ませ妻にする父親 シーン⑪

後背位で愛し合った父娘は繋がったまま娘騎乗位でセックスを続けた。
ゆっくりと互いの性器を胎内で味わうように。
少女は父親のペニスを喜ばせようと膣を締め上げ緩ませを繰り返しつつ、
自らも快感を得るように膣内を意識しながらゆっくりと上下する。
時には父親の目を見つめ、
時には父親の唇に軽くキスをしつつ鼻をこすり合わせ、
時には激しく舌を絡まキスをし、
時には父親の唾液を飲ませてもらい、
時にはただ強く抱きしめてもらい、
そうしながらも腰の動きは止めなかった。
ふと父親は娘が腰を動かしつつもじっと目を見続ける事に気づいた。
その目はとても物悲しさが感じられた。
娘の頭を撫でながら、どうした?と尋ねる。
娘は父親の目を、目の奥を見て言った。
もう、私を手放さないで下さいね。
父親は娘の目の奥に3人の瞳が見えた気がした。
父親は何か怖気を感じつつも、
申し訳無さと愛おしさを感じ、
一言、ああ、と答えると娘を強く抱きしめ、射精した。
娘もまた父親を強く抱きしめ返し、絶頂した。
これまで父親が彼女らとどうしてきたか、
これから娘とどうなるのか、
それは分からないが、
ただ、今は幸せだという事は確実な現実であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です